税制面で優遇される場合も多々あります。

税制面で優遇される場合も多々あります。

日本では多くのメリットがあることによって住宅として進化を続けてきたプレハブ工法と住宅ですが、こうした住まいとしての機能はもちろん優秀ではありますがそれだけではありません。
元々の小屋のようなものでも現在の生活にワンポイントの機能を手軽に付け足すことの出来る手段であることには変わりありません。
いわゆる小屋のようなサイズのものでも税制の面から見れば非常に優秀なものであることが分かります。
例えば、住宅の成立要件として、屋根・基礎・壁というものがあり、全てに該当すると固定資産税と都市計画税が発生しますが、基礎をコンクリートなどで固めずにユニットを置いただけの場合は税金がかかりません。
仮に事業用としてガレージなどを置いたとしても償却資産としての扱いはなされますが、都市計画税は発生しません。
そのため、現在もっている土地に対してちょっとした小屋を置いておき、そこを遊び部屋にするといったことも十分想定することができます。
また物置のスペースがない、といった場合でも課税対象とはなりません。
住居としての機能はもちろん、1959年当時に勉強部屋として使われていた離れの役割も現在のプレハブ建築にはもたせることはできます。
このように、家を新しく建てるという予定のない人でも多くのメリットがあります。

    Copyright(C) プレハブの上手な利用方法について All Rights Reserved.