プレハブの歴史

プレハブの歴史

まずは歴史です。
もともと、プレファブリケーション工法は1920年代から1930年代の単一工法住宅が試みられたなかで生まれました。
その後1950年代になると、アメリカで発達したツーバイフォーによる住宅建築をベースとしたユニットバスやシステムキッチンといった住宅が本来もつ機能のユニット化が進み、大きな進歩を遂げることになります。
日本において一般的となったのは1959年に発売されたミゼットハウスが元祖としてあげられます。
実際に普及し始めたのは1960年からですが、これは子供部屋として使われることが多かったようです。
つまりはそれまでの木造住宅の離れとして勉強部屋をもつ、という使われ方をした、と言い換えることが出来ます。
このように当時の日本では住宅機能の拡張としてプレハブの建物が作られました。
またこのミゼットハウスのヒットには「坪当たりの単価が木造建築と変わらず、面積は建築申請が不要な10平方メートル以下、工事は3時間以内」といった条件が含まれていたことも見逃せません。
このような手軽さを備えた小屋、であったものがにキッチンやトイレといった機能が備わっていくことで、離れから住まいとしての進化が図られ、また多くの企業の参入によって構造もより多彩になりプレハブ工法はより我々に身近な存在へと進化していきます。

    必見WEB情報

  • 鹿児島の賃貸ならゼロハウスさんの賃貸物件を選んでみてはいかがでしょうか。ゼロハウスさんは鹿児島中央や天文館などの鹿児島の繁華街の物件に強い不動産会社です。なんと初期費用がかかりません。敷金礼金仲介手数料などが無料で引っ越しの費用に頭を抱えている方に絶対オススメの会社です。ぜひご検討してみて下さい。

Copyright(C) プレハブの上手な利用方法について All Rights Reserved.