プレハブのこれから

プレハブのこれから

さて、単一の大量生産によりコストカットや短い施工期間といったことを売りにしてきたプレハブ住宅ですが、現在の進化によりそれだけの存在ではなくなってきたということが証明されてつつあります。
その良さを維持したままこれからのプレハブ工法について考えていきましょう。
いくら壁紙や外壁をオプションで変更できいるといっても、大量生産による企画型住宅である、という印象が多くの人には残っているでしょう。
しかし、現在ではITの発展によってそうした常識も過去のものとなりつつあります。
実は現在の多くは企画型住宅ではなく邸別生産方式が一般的となってきています。
例えば、この方式では鉄骨の躯体1本からコンピュータによってそれぞれの住宅向けの生産と管理がなされるようになりました。
このように、個別の管理によって建てられているのでかなり自由度の高い建築も可能になってきており、もはや見ただけではプレハブであるとわからない建物も多いです。
もちろんこうした技術的な進歩によって住宅そのものだけでなく運搬や在庫といったロスが減るのでより一般的な工法としてプレハブ工法は使われるようになっています。
多くのハウスメーカーでは工場の見学会を行っているところもありますので、家を建てる場合には一度見学してみて住まいづくりの参考になさることをおすすめします。

    Copyright(C) プレハブの上手な利用方法について All Rights Reserved.