プレハブの上手な利用方法について TOP

このサイトについて

プレハブという言葉をよく耳にしますが、それはもともとどういう意味をもつものなのでしょうか。
もともとは工法を表す言葉で、プレファブリケーションという言葉が定められています。
これは読んで字のごとくあらかじめ部材を工場で生産・加工して組み立てるという意味でした。
この工法を行うことで、同一規格のものを大量に作ることができるようになったため、急な増築や災害時の仮設住宅などといった様々なシーンで活用されています。
一般的なイメージですと、工事現場の横にある小屋であったり仮設の建物に使用されているという考える方が非常に多いですが、実際にはさらに幅広いものに使用されており賃貸物件や注文住宅などの工法として使われているものさえあります。
そのため一般的な認識よりも世の中に浸透している工法であると言えます。
現在のプレファブリケーション工法は我々が考えるものよりも進化しており、内装や外装に細かいオーダーをつけたりオプション選択が可能であったりするものも多くなってきていることがその一因としてあげられます。
もちろんそのような技術革新も見逃せませんが、本来もつ住宅としてのフレキシブルさはそのままに備えていることもまたその大きな要因のひとつです。
様々なメリットのあるプレファブリケーションの世界を見て行きましょう。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    Copyright(C) プレハブの上手な利用方法について All Rights Reserved.