プレハブの上手な利用方法について TOP

このサイトについて

プレハブという言葉をよく耳にしますが、それはもともとどういう意味をもつものなのでしょうか。
もともとは工法を表す言葉で、プレファブリケーションという言葉が定められています。
これは読んで字のごとくあらかじめ部材を工場で生産・加工して組み立てるという意味でした。
この工法を行うことで、同一規格のものを大量に作ることができるようになったため、急な増築や災害時の仮設住宅などといった様々なシーンで活用されています。
一般的なイメージですと、工事現場の横にある小屋であったり仮設の建物に使用されているという考える方が非常に多いですが、実際にはさらに幅広いものに使用されており賃貸物件や注文住宅などの工法として使われているものさえあります。
そのため一般的な認識よりも世の中に浸透している工法であると言えます。
現在のプレファブリケーション工法は我々が考えるものよりも進化しており、内装や外装に細かいオーダーをつけたりオプション選択が可能であったりするものも多くなってきていることがその一因としてあげられます。
もちろんそのような技術革新も見逃せませんが、本来もつ住宅としてのフレキシブルさはそのままに備えていることもまたその大きな要因のひとつです。
様々なメリットのあるプレファブリケーションの世界を見て行きましょう。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    木のやすらぎと鉄骨の強さを併せ持つ木骨ラーメン構造の注文住宅を湘南周辺で探しているなら、今までの在来木造では不可能だった、広々とした吹き抜け空間や大きな開口窓や出入り口を実現出来るのでオススメです。
    何気ない会話から価値観やデザインの好み、実現したいライフスタイルまで把握し建物に反映してくれる姫路の工務店を探しているなら、お客様の要望に真摯に向き合い「NO」と言わないサービスをモットーに対応してくれるのでオススメです。
    ずっと住む家を多数の小田原 不動産情報から探しているなら、土地や一戸建てからマンションまで納得いくまで案内してくれて希望にあった理想のマイホームを提供してくれるのでオススメです。
    Copyright(C) プレハブの上手な利用方法について All Rights Reserved.